マスターの部屋

MUSIC and LIVE Bar-LAYLAの マスターが日々の雑感を痛烈に 綴った日記!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は少々おカタイ一席。

ウダウダした話が飛び交う昨今、自分の考えをまとめておきたい。


集団的自衛権の文字が毎日のように新聞紙面に踊る。

国会のみならず国民の意識の中にも浸透してきたようだ。

賛否両論さまざまな意見が報じられているが、「日本が戦争をしようとしている」という

のは突拍子もない飛躍した話だと思う。

他国を侵略しようというのではない。自国を守るための準備である。

年長の識者の中に、「戦前の状況にそっくりだ」と危機感を煽っている人もいるが

時代錯誤も甚だしい。

当時には「文民統制」というルールも概念も存在しなかったはずだ。

人道性の欠片もない焼夷弾による首都空襲や、世界で唯一悪魔の実験としか言いようのない

核攻撃を経験したこの国が、戦争に突き進むなどありえない。



公明党をはじめ、憲法改正をもって行うべしという意見もある。

ごもっともであるが、現行のルールでは何年かかるだろうか?

日本近海の状況は、たった10年前とも明らかに違うのは明らかだ。

専守防衛を磐石なものにしておくことは喫緊の課題である。

個別自衛権と日米の安全保障条約がありながら、保持するが行使できない

事の方が不合理ではないか。



残念ながら世界、はわが国のような平和を望む国ばかりだはない。

天安門事件以来変貌した中国共産党。

海洋政策に代表される問答無用の実力行使で奪い取ろうとするあの侵略行為を

日本の国民は理解できるだろうか?

いつの世にも無法者は存在するのである。

正義のない力は暴力である。

一方で力のない正義は無力である。

うっかりと暴力を容認して奪われてからでは取り返しがつかない。

国ごと引越しするわけにはいかない。

「けんか上等、やれるもんならやってみろ!」

地理的な立場において、今の日本にはういう強力な牽制力が必要である。

田母神さんの言葉が端的だ。

「軍事力は使うために持つのではない。戦わないために持つのだ」





スポンサーサイト
殿様といわれた元総理は1億円、作家の知事さんは5千万円で辞めた。

今度は政党党首の事件が発覚。その額ナント8億円!

貸した方は「政治資金として」と言っているのに、当人は「生きていくために必要な資金」

として借りたのだそうだ。

思わず「毎日ナニ食ってるの?」と言いたくなるが、そんなはずはあるまいに。

どこかの縁日へ行って熊手を買っただの、もう少しマシな釈明ができないものか。

アレでは『みんな』が納得できるはずがない。党名が泣くというもの。



殿様総理や作家知事さんの折に、痛烈に糾弾した同一人物とは到底思えない。

それにしても我々一般人には信じがたい話だが、8億円のうち5億円は借用証がないそうだ。

メール1本で5億円が口座に振込まれるって、一体どんな世界なのだろう?

もしも「いただきました」なら、贈与の問題が出てくるが・・・

いずれにしても、選挙違反か政治資金規正法違反でどこかの市民グループから告訴される

ことになるだろう。

作家知事さんはその前に辞職したおかげで罰金で澄んだが、あんまりネバリすぎると懲役刑

の可能性もある。

国民を呆れさせた倫理的な罪は、もっと大きいと思うが。


安倍首相の靖国神社参拝が随分話題となっている。

中国・韓国はご多分にもれず、米国・ロシア・EUもお気にに召さないようだ。

しかし、いずれも政府の話であって国民がどう思っているかは別問題だ。

ではインドやタイ、フィリピンやマレーシアなどの東アジアの国々はどうなのか?

総じて至極当然と肯定している。中には賛辞をくれている国すらある。

僕が気に入らないのは、その事実をどの新聞も報じていないことだ。



僕的には以前に書いたが、祭神の選定にはいささか疑問があるものの、ご遺族の心のよりどころで

あることは勿論、国家がお護りすることにも一切の異論はない。

きっかけは中曽根政権のころではないか。

中曽根さんが総理として公式参拝を行ったが、このとき初めて中国は抗議を表明。

中曽根さんは親日派の胡耀邦主席を擁護するためという理由で、それ以降の参拝を取りやめた。

これが間違いの始まり。

中国は日本の弱みを突く切り札を握ったと思ったに違いない。

それに便乗してきたのが韓国だろう。

その後主席となった江沢民は語録の中に、国内が乱れそうになったら靖国と南京事件で反日批判

を使え、と後進たちにアドバイスを記していると桜井淑子さんが講演で述べている。



幸いにも安倍さんの対中国・対韓国の外交は今のところ秀逸で、絶妙な距離感を保っていると思う。

ぜひ参拝を続けて欲しいと思う。それも公式参拝としてである。

これがわが国の伝統行事であり不変の習慣であることを認識させることが必要だ。

祖父である岸信介元総理が日米安保改定を貫いたように、国のリーダーがブレない確固たる信念

を貫く姿勢が欧米諸国の理解をたぐり寄せることになるに違いないと思うからだ。


2014年 午年がスタートした。

俊馬のごとく力強い日本、京都府、そして亀岡であってほしいと願う。

早速1月には選挙がふたつ。

沖縄の名護市では市長選挙。基地移設反対派の候補が1万9千票を獲得して当選した。

しかし対立候補にも1万5千票が入ったことを忘れないでほしい。

続いては東京都知事選挙だ。

なんと細川家の末えいである元総理大臣が出馬。御とし76歳。

5000万円で辞めた人の後に1億円で辞めた人が立候補とは…

脱原発を掲げて東京都知事選とはいささかズレていませんか?

それなら元厚生大臣のほうがマトモのように思えるが。

それにしても立候補者の数にびっくり!

皆さんホントに当選目指しての出馬ですか?

同じ〇〇なら踊なにゃ損損じゃないでしょうね…まさか。

東京都民の審判や如何に?

なんといっても日本の首都であります故、なにとぞ真摯なご判断を。

6年後には、大事な大事なオリンピックが待っている。





約半年ぶりの復帰。「継続はチカラなり」だそうだが僕には無縁。
まぁ、もともと自分の記録として始めたものならそれも良しだろう。

「民主主義への冒涜」「政権与党の横暴」等々、ボロクソに言われている特定秘密法案。
新聞社や野党に言わせると強行採決だそうだが、きわめて通常の採決でしょう。
両院あわせて70時間近い審議、野党の進言も取り入れた。
これがねじれ国会の解消の成果であり「決められる政治」になった証しではないか。

スパイ天国と言われるこの国が、やっと自立したオトナの国家になろうとしている。
いや、その入口に立ったということかも。
「アメリカの属国になるのはごめんだ!」なんて言ってた人が「反対!」と拳を突き上げて
いるんじゃなうだろうか…とんでもない矛盾だが。

「知る権利が侵害される?」…普段はろくに知ろうともしないのにねぇ。
「戦時中の治安維持法の復活ダァ!」なんて言ってる作家さん、どうかしてませんか??
法案の中身をちゃんと読めば全く別モンでしょ。

圧倒的な国民の支持を得た首相が、「国民の皆さんが心配しておられるようなことは断固
としてありません!」と記者会見で言ってるんだから信頼しようじゃないか。
たとえ安倍さんが辞めたって、記録された映像は無くならない。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。