FC2ブログ

マスターの部屋

MUSIC and LIVE Bar-LAYLAの マスターが日々の雑感を痛烈に 綴った日記!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いったいどういうことなんだろうか?

就任間もない松本龍復興大臣が辞任することになった。



被災地の岩手、宮城の両県を訪ね両知事に言いたい放題。

大勢の人がTVで観たことだろうが、「マァ、ナント偉そうに…!」と思ったことだろう。

「オレが忙しいのにわざわざ来てやったんだゾ!」がありありの言動であった。

地方分権への道のりの遠さが思い知らされる出来事である。

おまけにTVカメラの入っているところで、「今のはオフレコ。書いた社はオワリだぞ」…??

こりゃもう、ヤケクソとしか思えない。


彼のオツムは、いったいどういう思考でああいった無神経と思えるようなコトバを放つのか?

「知恵を出さないやつは助けない」 「突き放すところは突き放す」…

意図が分からないわけではない。

国もしっかりやらなければならないが、地方も甘えてばかりではだめですよ~ということ

なんだろうが、被災地の状況を視野に入れれば、もっと適当な言い方があるはずだ。

さらには記者会見で、「九州の人間だから、東北の何市がどこの県かわからない」…???

震災以前から防災大臣をつとめていた者が、冗談でもこんなことが言えるモンだろうか?

第一、何の意味があるのだろう?



柳田前法務大臣の大失言が記憶に新しいが、首相自身も「国会軽視」の発言が多い。

前回の集中審議、SPEEDYの情報を無視した初動を自民党議員に追及された際に、「その

情報を知らなかったんです」と、イケシャアシャアと言い訳したものだ。

知らなかったことがモンダイであって、対策本部長としては仮に事実であったとしても

みっともなくて言えないハズだが…?

これまた…第一、何の意味あるのだろう?


僕はかねてから、政治家の言動は常に有意義であるべきだと思っている。

国のため、国民のためになる意味を意識しているべきだと。

企業なら当たり前のことで、幹部なら経営のため、社員の生活や雇用の安定のため、

現場の責任者なら、売上げアップや士気向上に繋がるための言動を意識しているものだ。



白洲次郎氏は著書の中で、「イイ政治家になるためには平気でウソをつけることが必要」

という旨を書かれているが、それは「国益を前提に、先を見据えて時期を選んで、必要と

あらばバレないウソをつけ!」、という意味もあるのではないだろうか。

(真意を確かめることは叶わないが…)



やたらと「?」が多い一席になってしまったが、このところまさに「???」の

出来事の連続である。

こちらもさすがにシラケてしまってボヤく意欲も失していたが、新しいポンスケの登場で

再び、怒りの炎に火がついた次第である。











スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://sabusroom.blog26.fc2.com/tb.php/241-9ba904db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。