マスターの部屋

MUSIC and LIVE Bar-LAYLAの マスターが日々の雑感を痛烈に 綴った日記!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連日続く原発ニュース。

僕のような凡才には、賛否両意見のはざまで思考は目移りするばかりである。

ドイツのメルケル首相は原発推進派だったが、福島の事故を受けて方針を転換。

原発全17基を2022年までに廃止する法案を可決して「脱原発」に舵を切った。

ドイツの場合、1970年代から議論が続いていたそうだからこの決断もふって湧いた話では

ないようだ。

新聞の解説には「冷戦で東西対立の前線となったドイツでは、核戦争への恐怖から、反核と

反原発が一つの運動となって盛り上がった」とあるが、ではわが日本はどうなんだろう。

世界中の誰もが知っている唯一の被爆国である。

にも拘らず、国中が原発の議論で盛り上がったという記憶は僕にはなく、むしろ今しか知らない。

僕が無関心だったのだろうか…



いずれにしても、原発推進に巨額のマネーが動き、ガッポリ設けた人々や名声を上げた方々が

おられたことは間違い無いだろう。

叱られるのを覚悟で申し上げれば、電源三法交付金で受け入れた町や自治体を取り込み、議論が

盛り上がる前に金で火を消したという図式もあるのではないか…

そんな金と知恵をこっちに使っていたらなぁ…という記事があった。


img065.jpg


正直言って意外だった。

この分野では、我が日本国はトップグループにいるものと思っていたからだ。

小市民とはこの程度であると自戒する。

そんな小市民でもわかりやすい記事も見つけた。


img064.jpg


神戸大学の西岡名誉教授が発案した「ネプチューン」。

島国ニッポンの特性を生かして、海に助けてもらおうというわけだ。

こんなことを考えている人がいたんだこの国には…

素晴らしいアイデアだと思わず嬉しくなった。

枝野さん、真剣に考えてみませんか…。

スポンサーサイト
コメント

失礼します。僕は原発推進派なんですがすぐマスコミなんかは「利権がー」と論点のすり替えやるんですが、それよりもまず目の前の夏に向けてちゃんと電力供給やらないと経済と安全保障面で大打撃を受けるし、仮にこの夏を乗り切ったとしても次に大震災が起こった時、原発なしだとどう影響するのか?という事なんかを議論すべきなのに利権という小さい問題で大きい問題を棚上げしてる以上、何も解決しないと思いますね。

まずやるべき事は「震災復興」「デフレ不況脱却」「耐震化」等々であって利権などの話は平時にやってくれと言いたいですね。(まあ、原発なくなってもまた別の利権が生まれるだけの話ですけどね)こういうのを気にするのは餓死寸前の人が太るのを気にしてさらにダイエットするようなもんですよ。物事には優先順位があるんだと国民が認識しないといけないですね。

以上、亀岡の若者の主張でしたm(_ _)m
2012/06/19(火) 21:03:34 | URL | ハヤト #SFo5/nok[ 編集 ]
ハヤトさんへ
コメントありがとう。なるほど~一理ありますなぁ。

優先順位には安全性も忘れたらアカンやろね。
今回のことで原子炉事故の恐ろしさは被災地外にいる僕らも思い知ったしね。
事故が起こってしまうと、近づくことすらできないんやから。
人間は原子力を活用するとこまでは来たけれど、完全にものにはなってないのと違うかなぁ。

一気にイカンにしても、再生エネルギーでまかなえるに越したことはないんやから、一方では
その方法もチャレンジしていくべしやと思います。
2012/06/20(水) 16:08:48 | URL | mastersroom #-[ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/20(金) 11:33:18 | | #[ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/25(木) 16:30:08 | | #[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://sabusroom.blog26.fc2.com/tb.php/279-2f52d6d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。