マスターの部屋

MUSIC and LIVE Bar-LAYLAの マスターが日々の雑感を痛烈に 綴った日記!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
70歳を超えても、3時間に及ぶライブをブレイクなしでこなす。
おまけに歌うキーは当時のまま。

日本中を興奮させたポール・マッカートニーの来日公演だ。
幸運にもチケットをゲットされた方は、“生き証人”生歌と
現代のPA機器によって増幅されたBEATLESの楽曲に堪能されたに違いない。

巨万の富を築いた人だから、今さら金への執着などないはず。
心底、音楽を愛しているんだろうし、一緒に楽しんでくれるファンへの敬愛の念もハンパではない。
だから、益々愛される。

直前にはあのKISSが来日。70年代を知らない若者たちの度肝を抜いたに違いない。
年が明ければ、クラプトン、ストーンズと大物の来日が予定されているようだ。

老いて益々というべきか、70年代のスーパースターが生き生きと活躍している。
湯川れい子さんが言っていたと思うが、新世代のスーパースターが出てこないのが米国の音楽業界にとって悩ましいところだそうだ。

日本にもアルフィーやサザンといった40年選手がバリバリで活躍中だ。
新世代よガンバレ!と思いつつ、「やっぱり昔の曲はイイネェ」などと言っている自分がいる。

そういえば今日、有線大賞の番組をやっていたが、最近の歌謡曲やJ-POPSを全く知らないことに気がついた。Σ(゚д゚;) カラオケも置いている店のマスターとして反省することしきりである。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://sabusroom.blog26.fc2.com/tb.php/288-4b02fb68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。