マスターの部屋

MUSIC and LIVE Bar-LAYLAの マスターが日々の雑感を痛烈に 綴った日記!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待望だった映画『RUSH』を観てきた。

想像以上に素晴らしい作品だった。


140223_2138~01



F1GP史上、最もドラスティックといわれた1976年のシーズンを戦った二人の天才ドライバー

の物語だ。そう、ジェームズ ハントとニキ ラウダである。

さすがにロン ハワード監督だ。細かな描写にも妥協がない。

40年も前のマシンなのに、すべて実車を走らせた。世界中から集めたそうだ。

こういうクルマを個人が所有していることも驚きだが、その中に日本人もいるというから

さらに驚きである。ティレルの6輪車も登場する。

富士スピードウェイのパドックのシーン。

なんと、往年のセリカとコロナハードトップ(たぶんGT5だと思う)が停まっていた!

この監督はここまでやるのだ。


140223_2130~01


レースシーンもとてもリアルで見るものを引き込む。

雨のレースのスターテインググリッドで、ハントのヘルメットバイザーにドリルで曇り止めの

穴を開けるシーンなどはリアルすぎてドキッとする。

往年のレーサーの名前が実名で登場するのも、レースファンには懐かしい。

クレイ レガッツォーニ ジャッキー イクス カルロス ロイテマン ジョディ シェクター…

鬼才といわれたデザイナー、ハーベイ ポスルスウェイトも出てくる。


140223_2131~01


70年代のF1は現代のものと比べるとドライバー保護が十分ではなく、クラッシュによる

火災事故が頻発で毎年死亡者が出ていた。

ロン ハワード監督はそのことにも目を背けず、しっかりと描いている。


140223_2136~02


レースに興味のない人でも、対照的な二人のレーサーのヒューマンドラマとして

十分に楽しめると思う。ましてレース好きでクルマに詳しい人なら倍楽しめる作品である。

故S.マックィーンの『栄光のル・マン』以来の、正しいレース映画だと思う。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://sabusroom.blog26.fc2.com/tb.php/295-5b5d7cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。