マスターの部屋

MUSIC and LIVE Bar-LAYLAの マスターが日々の雑感を痛烈に 綴った日記!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンネフランクの本が破られた。

未だ犯人は捕まらず、動機も謎である。

そもそも本は読むものであって破るものではない。

まして先の大戦中、ドイツのユダヤ人狩りから身を潜めながら綴った日記となれば

この犯人は世界中を敵に回したことになる。



イスラエルはどんな反応をするのか?

僕ごときでも少々気がかりだったが、2月26日の新聞記事に驚き、同時に感動した。

イスラエル大使館が被害にあった図書館に計300冊を寄贈する、というものだった。

さらに同時に発表された声明に、僕は熱いものがこみ上げてきた。

「事件に対して寄せられた心配と思いやりに深く感銘を受けている」

なんという懐の深さか…

これがもしかの国であったなら、まゆを釣り上げ、つばを飛ばし、烈火のごとく

非難したに違いない。

イスラエルの真摯な友情に、国を挙げて感謝したいものだ。



この友情の架け橋となった日本人がいることを忘れてはならない。

大戦中に旧外務省リトアニア領事を務めた杉原千畝氏である。

ドイツ軍が迫り来る中、迫害から逃れるためには国外脱出しかないリトアニア在住のユダヤ人

を救うために、外務省からの訓令に反して、国外退去期限ぎりぎりまで彼は日本国を通過できる

ビザを発行し続けた。

世にゆう『命のビザ』である。その数6000人。

彼が救った命を受け継いだ子孫は、今や20万人に達している。



イスラエル政府より、日本人では初で唯一の「諸国民の中の正義の人」として「ヤド・バシェム賞」を受賞。

旧リトアニア領事館は『杉原千畝記念館』とされ、彼が愛用した机など執務室は当時のまま保存されている。

東日本大震災に対する義援金を募るにあたり、米国のユダヤ人組織であるオーソドックス・ユニオンは、

会長と副会長の連名で、以下のような公式声明を発した。

「窮状にある人々に手を差し伸べることは、主のいつくしみの業に倣うことである。今こそ、身職を賭して

通過ビザを発給し、リトアニアから6,000人ものユダヤ人を救ってくれた杉原夫妻の恩義に報いる時である」

日本の外交史において、世界に誇れる先人だと思う。










スポンサーサイト
コメント
この間はありがとうございました!
この前の、父親と一緒に行かせて頂いた者です。マスターの生ギター演奏でI Love Youを歌わせていただいてすごく楽しかったです(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪音楽のことは無知ですが、音楽は大好きです。またお邪魔させていただくことがあると思いますが、その時はよろしくお願いします!
2014/03/25(火) 21:47:46 | URL | ふくいだいき #-[ 編集 ]
Fukuiさんへ
僕も力量のあるボーカリストとご一緒できて感激でした。
また待ってます!
2014/03/29(土) 21:28:54 | URL | mastersroom #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://sabusroom.blog26.fc2.com/tb.php/296-bac500b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。