マスターの部屋

MUSIC and LIVE Bar-LAYLAの マスターが日々の雑感を痛烈に 綴った日記!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メール1本でポンっと5億円が振り込まれる、という世界を我々庶民に披露してくれた

自称庶民派の党首が辞めた。というよりは辞めざるを得なかったというべきか。

『法的には何ら問題はない』のだそうだが、それは違う。

彼は法の盲点を突き、すり抜けただけである。

政治資金規正法等、選挙に関わる法律は政治とカネの疑惑を払拭するため、幾多の事件を糧

としてモデファイをしてきたがそれでも完全無欠ではない。

最後のところは、それに従う人間の質による。

立法府に身を置く者がその盲点を逆手に取るとは、なんとも情けなくやりきれない。



STAP細胞を巡る問題で研究ユニットリーダーが論文に疑念が持たれていることについて

謝罪した。

一方、「STAP細胞は200回以上作製に成功している」と述べ、多くの研究者から見れば、

考えられないようなレベルでの間違いがたくさん生じてしまっていると思われるが、この間違いに

よって論文の結論に影響がないことと、実験は確実に行われておりデータが存在することから、

悪意をもってこの論文を仕上げたわけではないから論文は撤回しないとのことだ。

そりゃ悪意などないだろう。だが故意にやったことには間違いない。科学者として失格だ。

結果があればその過程では何をしてもいいということか?それでは戦争の論理と同じではないか。



それにしても論文の基本的な執筆法や提示法について勉強不足で知らなかったとは驚いた。

人のものを盗んではいけないことぐらいは、うちの孫でも知っているのだが。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://sabusroom.blog26.fc2.com/tb.php/298-ead3d45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。