マスターの部屋

MUSIC and LIVE Bar-LAYLAの マスターが日々の雑感を痛烈に 綴った日記!!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は少々おカタイ一席。

ウダウダした話が飛び交う昨今、自分の考えをまとめておきたい。


集団的自衛権の文字が毎日のように新聞紙面に踊る。

国会のみならず国民の意識の中にも浸透してきたようだ。

賛否両論さまざまな意見が報じられているが、「日本が戦争をしようとしている」という

のは突拍子もない飛躍した話だと思う。

他国を侵略しようというのではない。自国を守るための準備である。

年長の識者の中に、「戦前の状況にそっくりだ」と危機感を煽っている人もいるが

時代錯誤も甚だしい。

当時には「文民統制」というルールも概念も存在しなかったはずだ。

人道性の欠片もない焼夷弾による首都空襲や、世界で唯一悪魔の実験としか言いようのない

核攻撃を経験したこの国が、戦争に突き進むなどありえない。



公明党をはじめ、憲法改正をもって行うべしという意見もある。

ごもっともであるが、現行のルールでは何年かかるだろうか?

日本近海の状況は、たった10年前とも明らかに違うのは明らかだ。

専守防衛を磐石なものにしておくことは喫緊の課題である。

個別自衛権と日米の安全保障条約がありながら、保持するが行使できない

事の方が不合理ではないか。



残念ながら世界、はわが国のような平和を望む国ばかりだはない。

天安門事件以来変貌した中国共産党。

海洋政策に代表される問答無用の実力行使で奪い取ろうとするあの侵略行為を

日本の国民は理解できるだろうか?

いつの世にも無法者は存在するのである。

正義のない力は暴力である。

一方で力のない正義は無力である。

うっかりと暴力を容認して奪われてからでは取り返しがつかない。

国ごと引越しするわけにはいかない。

「けんか上等、やれるもんならやってみろ!」

地理的な立場において、今の日本にはういう強力な牽制力が必要である。

田母神さんの言葉が端的だ。

「軍事力は使うために持つのではない。戦わないために持つのだ」





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://sabusroom.blog26.fc2.com/tb.php/301-ce14bb4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。